若手研究者育成支援 若手研究者招待講演謝金補助 応募の募集

若手研究者育成支援 若手研究者招待講演謝金補助 応募の募集

研究会主査・幹事 各位

若手研究者が招待講演を経験することで研究実績に繋がることをねらい,各研究会が主催している研究発表会・シンポジウムにおいて,若手研究者に招待講演を依頼する際に,講演者に支払う謝金を学会が支援する取組みを実施いたしますので,申請を募集致します.詳細は以下の通りです.

 

1.支援対象者(招待講演者)
国内の大学,研究機関,民間企業に所属する若手の研究者かつ本会個人会員 ※1

 

2.対象とする研究会
本会全研究会および本会全研究グループ(以降,「研究会」).

3.対象とする研究発表会
研究会が主催する研究発表会およびシンポジウム(以降,「研究発表会」).ただし,開催地および開催形態の国内・国際を問わない.

 

4.補助金額
1
研究発表会・1招待講演者あたり15,000円(各種税金込) ※2

 

5.補助回数
1
研究会あたり年間最大2回補助,かつ1研究発表会あたり最大1回補助.ただし,1研究会が年間2回申請する場合,2回のうち少なくとも1回は複数の研究会が合同で主催する研究発表会でなければならない.複数の研究会が合同で主催する研究会において補助を行う場合,主催するすべての研究会が1回補助を受けるものとみなす. ※3

 

6.申請方法
年間2回(3月と9月)の募集期間があり,各募集期間内に申請フォームに必要事項を入力して申請する.複数の研究会が合同で主催する研究発表会は,代表者が1回のみ申請する.各募集期間締切後,支援対象の研究発表会を選定して通知する.

 

7.支援対象の決定方法

申請フォームに入力された「活動計画書()の記入に必要な数値(PDFファイル)に記載されている研究会登録者数」(合同研究会の場合は主催する研究会の合算値)および同一年度の採択実績をもとに,年間30件程度を支援対象として決定する.

 

8.申請フォーム

https://forms.gle/ddbcMbDveP1RwbuV8

 

9.補助可否の通知および,手続き
すべての申請に対して,支援可否の結果をフォームに入力されたメールアドレスに通知します.支援可の場合,研究発表会において招待講演者を選定・依頼してください.研究発表会終了後の会計処理において,従前の謝金支払いの手続きと同様に,招待講演者の情報(氏名,住所,電話番号,振込口座)を事務局に連絡してください.その際,謝金補助を受ける旨を伝えてください.本会より本事業の財源から招待講演者に謝金を振り込みます.※4

 

10.       募集スケジュール

20213月20日         第一次募集締切

2021331       第一次募集採否通知

202191         第二次募集締切

2021930       第二次募集採否通知

 

11.       備考

1 研究分野によって若手の定義が異なるため,一律の年齢制限は設けません.本会個人会員とは名誉会員,正会員,学生会員,ジュニア会員,準登録(個人)を指します.賛助会員および購読員は対象外です.謝金振込先として日本国内の銀行口座を持っている方に限ります.

 

2 補助金額15000円のうち源泉所得税等(国内居住の場合1531円,海外居住の場合3063円)は学会より納付し、 差し引いた額を講演者に振り込みます.申請者の希望により補助金額を減額して招待講演者に振り込むこと, および,補助金額を分割して複数の招待講演者に振り込むことはできません.

 

3 AAA研究会が申請する場合:

・(1回目)AAA研究会単独開催→可

・(1回目)AAA研究会とBBB研究会が合同開催→可

・(1回目)AAA研究会単独開催+(2回目)AAA研究会単独開催→2回目は不可

・(1回目)AAA研究会単独開催+(2回目)AAA研究会とBBB研究会が合同開催→2回とも可

・(1回目)AAA研究会とBBB研究会が合同開催+(2回目)AAA研究会単独開催→2回とも可

・(1回目)AAA研究会とBBB研究会が合同開催+(2回目)AAA研究会とCCC研究会が合同開催→2回とも可

・(1回目)AAA研究会単独開催+(2回目)AAA研究会とBBB研究会が合同開催+(3回目)AAA研究会とCCC研究会が合同開催→3回目は不可(合同開催の場合に一部の研究会のみが申請することは不可)

 

4 謝金補助を受けることを伝えない場合,謝金は研究会の積立金より支払います.振込処理後に補助の利用に変更することはできません.また,可となった補助を行使しない場合はその権利を失います.

 

以上