選抜した高校生等を先端共同研究により20代のエリート研究者に育てる「情報科学の達人」育成官民協働プログラムをスタート
—情報学分野の最先端研究を行う若手研究者が直接指導—

2020年4月30日
 
大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構国立情報学研究所(所長 喜連川優、以下「NII」)は、一般社団法人 情報処理学会(会長 江村克己、以下「IPSJ」)及び特定非営利活動法人 情報オリンピック日本委員会(理事長 筧捷彦、以下「JCIOI」)と共に、国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)グローバルサイエンスキャンパス(GSC)「情報科学の達人」育成官民協働プログラム(以下「情報科学の達人」プログラム)を2020年4月より本格的にスタートしました。このプログラムは、20 代で世界のトップクラスの研究を行う情報学研究者や技術者を日本からも多数輩出することを目指して高校生・高専生を選抜し、NII、IPSJ、JCIOIが連携して先端的な共同研究に早期に取り組ませることでエリート教育を実施するものです。
第1期生となる2020年度受講生には日本情報オリンピック(JOI2019/2020)の予選Aクラスの成績上位者を含め合計76名の応募があり、そこから38名を受講生として選抜しました。3月25日に開催したオンライン会議形式によるキックオフワークショップを皮切りに、「情報科学の達人」プログラムを展開していきます。

詳細は以下をご参照ください。
https://www.nii.ac.jp/news/release/2020/0430.html

 

調査研究担当への問い合わせフォーム