予算申請書作成メンタリング -日本学術振興会特別研究員 DC1・DC2 の申請者の支援サービス-

予算申請書作成メンタリング

新世代企画委員会では,ジュニア会員・若手研究者への支援の取り組みを継続的に続けています (代表的な取り組み:情報処理学会全国大会の IPSJ-ONE,会誌「先生,質問です!」コーナー).その一環として,日本学術振興会特別研究員 DC1・DC2 の申請者の支援サービスを企画しています.

・本施策の概要
施策としては下記の 3 項目を実施予定となっております.
1. 申請書の書き方のレクチャー:東京工業大学の大上先生によるご講演 (3/8 午後)
2. 採択申請書共有アーカイブ:過去の採択者の申請書を共有 (再配布禁止)
3. 申請書のフォーマットチェック:有志の研究者による簡易的な添削
申請書の書き方のレクチャー概要:
採択率を上げるための「伝わる」書き方や,制度・審査についてもご説明頂きます.

・スケジュール
3/8(月):書き方レクチャー開催
3 月下旬:共有アーカイブ展開
4 月下旬:申請書のドラフトチェック
6 月上旬 (目安):申請書応募締切

・応募条件
1. 情報処理学会個人会員である
2. 令和4年度(2022年度)特別研究員 DC1/DC2 いずれかに申請する
3. 書面合議・面接審査区分が情報学である※1,もしくは,トピックが情報学の範疇である (博物館情報学,地理空間情報学,医療情報学など)※2
4. 現所属もしくは進学先の指導教員の許可を得ている
5. 本サービスで知ったこと・公開された資料を外部に漏らさない
※1 審査区分は下記参照
https://www.jsps.go.jp/j-pd/data/pd_sinsa-set/shinsakubun_souhyou.pdf
※2 ただし情報学から逸脱していると判断された場合にサービスを提供できない可能性がございます.

・費用
無料

・メンター
穐山空道(東京大学), 石畠 正和(NTTコミュニケーション科学基礎研究所), 石渡 祥之佑(Mantra株式会社), 牛久祥孝(オムロンサイニックエックス/Ridge-i), 江原遥(東京学芸大学), 大上雅史(東京工業大学), 太田健吾(阿南工業高等専門学校), 落合陽一(筑波大学), 加藤 淳(産業技術総合研究所 / アーチ株式会社), 加藤 誠(筑波大学), 欅惇志(デンソーアイティーラボラトリ), 小泉直也(電気通信大学), 佐藤 将也(岡山県立大学), 佐保 賢志(富山県立大学), 菅沼 雅徳(東北大学/理研AIP), 杉浦裕太(慶應義塾大学 理工学部), 田中リベカ(京都大学情報学研究科), 佃 洸摂(産業技術総合研究所), 中村友哉(大阪大学 産業科学研究所), 林浩平(株式会社Preferred networks), 早志 英朗(九州大学), 原田 翔太(九州大学), 古屋 貴彦(山梨大学), 真鍋 知博(ヤフー株式会社), 吉川友也(千葉工業大学), 吉田光男(豊橋技術科学大学), 吉野 幸一郎(理化学研究所), 米谷 竜(オムロンサイニックエックス), 渡邉拓貴(北海道大学), 渡邉 洋平(電気通信大学)

・運営メンバー
欅 惇志 (デンソーアイティーラボラトリ)
五十嵐悠紀 (明治大学)
辰己丈夫 (放送大学)
鬼塚真 (大阪大学)